Homeお墓の完成まで作業工程>庵治石・本小松石

お墓の完成まで
庵治石・本小松石

庵治石とは?(香川県高松市庵治町原産)

全花崗岩の中でも最も硬質で、きめ細かく美しい庵治石は、最高級の石材として世界中から注目を浴びています。
私共はこの稀少な資源を大切にし、優れた技術で後世に末永く伝えられる墓石・石碑・石彫づくりに日夜励んでおります。
この他にも国内産石材(本小松石・大島石など)からお求めやすい中国産石材、デザイン墓まで何でもご相談ください。

写真右:高級石材庵治石丁場…
自然が相手の過酷な条件の中、発破かけなど高度な技術と経験を駆使して採石します。

高級石材庵治石丁場…自然が相手の過酷な条件の中、発破かけなど高度な技術と経験を駆使して採石します。

完成品(宝篋印塔・十二寸角高級型)

完成品(宝篋印塔・十二寸角高級型)

石割の様子

石割の様子

本小松石(神奈川県足柄下郡真鶴町原産)

本小松石本小松石は、神奈川県足柄下郡真鶴町でしか採掘できない石種で、香川県の庵治石と並んで、国内では墓石の最高級品です。天皇家はじめ宮中では古くから墓石といえば本小松石でした。
真鶴町がある真鶴半島は、今から約40万年前に箱根火山の噴火によってその地形が形成されました。
その時、地表に流れ出した溶岩が急に固まったものが、小松石の原型である安山岩です。

安山岩に分類される本小松石は、掘り出されたままの状態は、茶褐色の皮に包まれていてます。
目が細かく、研磨すると独自の灰色から淡灰緑色の密な石面が現れます。
石質は硬く、耐久性、耐火性に優れていて、わずかに緑がかった灰色が最上級とされています。
本小松石 また【墓石】としての小松石の魅力は、時間の経過と共に変化していくところです。
それが二つと同じものが無い程に、それぞれ原石が持つ個性を石の表面に、その姿を表していく様は、他の同じような墓石ではみることが出来ない変化です。
それはあたかも人間の生涯を表しているかのようです。

本小松石 真鶴で、石材業が平安末期の1156年頃に土屋格衛によって始められたと「石工先祖の碑」(真鶴町指定文化財)に記されています。しかしこの頃はまだ、「伊豆石」「相州石」と言われていました。
『小松石』と呼ばれるようになったのは、江戸時代、芝、増上寺の石材見積書の中に初めて「小松石」と言う名前が現れます。その由来は真鶴町の旧岩村の小松山からきています。
小松山から取れる石材から小松石と呼ばれるようになりました。
今日では真鶴以外の産地の石にもその名がつけられることから真鶴産の石は特に、「本小松石」と呼んでいます。
(写真―協力会社提供)    
ページトップへ戻る△
Home | お墓の完成まで | お墓の施工例 | 日本の供養 | 墓地・霊園案内 | 彫刻・石彫小物 | ペットのお墓 | お問合わせ | 会社案内 | リンク集 | サイトマップ