小田原市営久野霊園 シンプルだけど重厚感ある洋型墓石

こんにちは。小田原市を中心に西湘エリアでお墓づくりをしております石政石材、露木です。

今回は、先日弊社ホームページを新たに更新してからはじめてのホームページからのお問い合わせのお客様であり、小田原市営久野霊園にて、思いの詰まったシンプルで重厚感のある洋型墓石を建立させていただきましたのでご紹介いたします。

小田原市営久野霊園に建立 洋型墓石

 

 

 

奥様を亡くされたご主人様とご次男様からお問い合わせがあり、現場確認、CADによる作図とお見積もりをし、ご納得していただき、弊社で墓所施工させていただくことになりました。

小田原市営久野霊園の基礎のようす

久野霊園では工事規定により割り栗のほかに指定された位置に90㎜Φ以上の杭を約1m、8本打ち込まなければなりません。

さらにD13鉄筋を写真のように配筋いたします。ここに生コンクリートを打設し強固な基礎をつくります。

レーザー墨出し機を使って正確なすみ出し

耐震ステンレス金具

 

 

 

外柵の石組みをし、さらにいつも通りステンレス製のアンカーと金具でしっかりと固定します。

 

 

カロート(納骨室)と芝台(墓石の一番下の部分)もしっかりと耐震ステンレス金具で固定。ここを固定しないと墓石部分に耐震処理がしてあってもここからズレる可能性があります。

わたしどもでは少し余計に手間をかけることを惜しみません

今年から新たに導入しました「墓石免震システム 絆」を標準装備。

構造的に使用出来ない場合を除き、ほぼ全てのお墓に施工が可能。

耐震と免震の両方を使用するこの工法が今現在地震からお墓を守る最善の方法の一つだと考えております。

 

ステンレス製の通気孔を設置

樹脂舗装 アクリストーン施工の様子

見た目も美しく草むしりからも解放され、落ち葉などもほうきで掃いてきれいにできるのでお手入れが楽だとたいへん喜ばれております。

正面文字は家名を彫り込みではなく右下へ小さく梨彫り(彫り込まない方法)で彫刻。通常この様式ですと左上に好きな文字「愛」とか「和」、「慈愛」などの文字を彫ることが多いのですが、お施主様の「手をあわせる人たちが、それぞれの心の中でその文字を描いてくれれば良いよ」の考えで何も彫らないことに決定。

棹石を設置して工事が完了しました。

お施主様より「お陰さまでいいお墓ができたよ。これからは親戚みたい付き合って、お墓を気にかけて見てくださいね。」とありがたいお言葉を頂戴いたしました。

石屋の仕事はお墓を建てて終わりではありません。建ててからが長いお付き合いのはじまりだと考えております。

これからもよろしくお願いいたします。

この度は弊社へお墓づくりをご依頼いただきありがとうございました。

 

Follow me!